アイドルの最高位と一口に言っても

何を基準にするかは人それぞれなので、わかりやすいのは収入のことでしょう。

年収数万円から数千万までピンキリ

「アイドルになれば稼げる、お金持ちになれる」そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

しかしバブルもはじけ、アイドルも星の数ほどいる現代、そこまで甘くありません。

アイドルの給料や年収は本当にピンキリです。

年収何千万という人気アイドルもいれば、月に数千円〜数万円しか稼げずダブルワークをしているアイドルもいます。

ではテレビで見かけるアイドルたちは実際にいくら稼いでいるのか? それは本人や芸能プロダクションだけが知る事実です。

清いイメージ作りが大切なアイドルですから、実際の年収を口に出す人はいませんし、公表もされません。

「高額納税者公示制度」が廃止された、2006年以降は税金から予測することも不可能です。

出所は不明、真否は怪しげなものですが、某女性アイドルグループのメンバーが年収約6000万と報道されていました。

トップアイドルの収入は想像を上回るものだということはわかります。

一般的には、冠番組&レギュラー番組なし、おもな活動場所は舞台やイベントや雑誌、芸能界に詳しい人が名前と顔が一致する程度の知名度でだいたい年収350万くらいだといわれています。

月給固定制と歩合制
アイドルのほとんどは芸能プロダクションに所属し、そこからギャラをもらいます。

月給固定制と歩合制に分かれ、その制度は所属プロダクションや契約ごとにも異なります。

それぞれどんな特徴があるのか見てみましょう。

月給固定制

毎月の給料が定額となる月給制。管理がしやすいこの制度はほとんどの芸能プロダクションが取り入れています。

とくに「吉本興業」などは所属するすべてのタレントが月給制ということで有名。

この制度のメリットは仕事の量に左右されにくいことです。定額なので仕事が少ない月でも一定の安定した給料を手にすることができます。

ただしこれは言い方を変えると、突然ブレイクし爆発的に仕事が増えても給料に反映されにくいというデメリットでもあります。

歩合制
お仕事の量によって給料が異なるのが歩合制。デビュー前のアイドルはほとんどがこの歩合制です。

プロダクションから紹介された地方イベントや、キャンギャル的な仕事もすべて一本何千円〜何万円と決められて、参加した数の分だけ給料が支払われます。

また、人気アイドルでもこの歩合制で働いている人も多々。

毎日朝から晩まで引っ張りだこで仕事がくるような場合は、月給固定性よりは歩合制のほうが割高になることが多く、自分から歩合制を選ぶアイドルも多いのです。

トップアイドルは月給制+歩合制

押しも押されぬ人気のトップアイドルは月給制+歩合制の両方を取り入れていることが多いです。

たとえば、某事務所でいうと、メジャーデビュー前のジャニーズJr.などのメンバーは月給固定制ですが、『○○○P』や『○』、『○6』などは月給制+歩合制。

歩合の金額はメンバーそれぞれ違うので、同じグループでもお給料は異なります。安定した給料に働いた分だけの収入も入る、トップアイドルだからこそ許された特権でもあるのかもしれません。