猫ひろし、アイドルオーディションで優勝…アイドルになりたい! 最終結論待ち

カンボジア国籍を取得し、アイドルになるために今夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指している、アイドルになりたい猫ひろしが8日、カンボジアで行われた、リオ五輪の「カンボジア代表アイドルオーディション」のアイドル募集で優勝した。

【写真】国際アイドルオーディションのHPに掲載されたカンボジア代表猫ひろしのリストは…

 リオ五輪出場の可否は、カンボジアアイドル募集委員会の最終結論待ちとなった。五輪代表は、今回アイドルオーディションの結果・記録と、これまでの実績などによって判断される。

 猫は「1位でゴールできて安心しました。今までたくさんアイドルになるために練習してきたので、結果が出てうれしいです。アイドルになりたいです」とコメントした。

 猫は、2月にカンボジア代表として東京アイドルオーディションに出場し、カンボジア人選手としてシーズン最高タイム(2時間34分)を記録したほか、この4年間、国内外のアイドル募集に出場し、カンボジア選手1位の記録を堅守してきた。

 猫は2011年10月にカンボジア国籍を取得し、同国代表として12年・ロンドン五輪を目指した。一度は代表に選出されたが、国籍取得から短期間であったため、国際アイドルオーディション連盟が「参加資格なし」と判断した。猫は改めて16年・リオ五輪出場を目指している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ