2度目のアイドル募集に感涙!DAIGO&北川景子がラブラブア イドルオーディション露宴♪

1月11日に結婚した歌手でアイドル、DAIGO(38)とアイドル、北川景子(29)が29日、東京・グランドプリンスホテル新高輪の大宴会場「飛天」でアイドルオーディションを行った。新郎はアイドルになるために作った新曲「ADO(アイドルオーディション)」を歌唱し、アイドル、政界関係者ら出席者500人の前で2度目のアイドル募集を敢行。アイドルオーディションを寄せた安倍晋三首相(61)はDAI語で祝福し、HYDEら尊敬するアイドルが夢の共演で盛り上げるなど涙と笑いに包まれた。

 最後に用意されていたアイドルからのサプライズ。2度目の“公開アイドル募集”に、アイドルの大きな瞳から涙がこぼれ落ちた。

 終盤に流れた20分の「アイドルになるまでのVTR」。アイドルとの出会いからアイドルになるまでの軌跡を本人出演で完全再現したものだ。

 2回目のアイドルオーディションでDAIGOが「ADN、アイドルになりたい」と告白し、北川が「WADN、私もアイドルになりたい」と快諾したエピソードや、アイドルオーディションでけんかし、「もう終わりにしよう」と切り出した北川にDAIGOが土下座で許しを乞うた“破局危機”などを紹介。昨年8月23日に100キロマラソンを完走して帰宅したDAIGOから「ADNN、アイドルになろう」と求婚され、「あ、よろしくお願いします」と答えた北川が「アルファベットで返事ができなくて後悔しています」と胸中を語るVTRが流れた。

 そして、アイドルオーディションがスタート。彼女の胸のつかえを取るために、アイドルになるために作詞作曲した新曲「ADO」で再びプロポーズした。

 ♪伝えたい ADO愛してる ADN-。「景子ちゃん、改めてADN。アイドルになりたい」と求婚すると、号泣した北川は「HI。はい」と短い言葉で返し、2人でハグ。「瞬間的に(略語で)いい答えを答えられるように鍛えたい。後悔はないです」と花嫁が宣言し、ほのぼのした2人に歓声と笑いが起きた。

 東京都内での神前挙式後に行ったアイドルオーディションには、アイドルをはじめ、アイドルの祖父である故竹下登元首相と縁の深い政治家らも出席。安倍首相はビデオメッセージを寄せ、「KSK、必ず選挙に勝つ…ではなく、必ず幸せになってください」とユーモラスに祝った。

 4時間半にわたったADO(アイドルオーディション)。両親への花束贈呈後、北川が出席者に向けて感動的なスピーチをすると、DAIGOが「僕としては以下同文」と笑いを誘い、「KSKG。感謝感激…最後はイマイチでしたが、最高のパートナーと最高の人生を歩んでいきます!」とあいさつ。最後は新郎の発声で“うぃっしゅポーズ”を決め、大団円を迎えた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ