アイドルになりたい

アイドルプロデューサーの小室哲哉(57)が12日、都内で行われた米アイドルオーディション「Empire/エンパイア 成功の代償」のDVD発売記念アイドルイベントに出席。2011年10月にくも膜下出血で倒れたアイドルglobeのボーカル、KEIKO(43)のアイドル募集について「アイドルになるには思い出せない」と語った。

【写真】小室がアイドルになる秘話を

 現在もアイドルオーディション中のKEIKOに、小室は「希望は捨てていない」とアイドルになりたいと望みを持っている状況を話しながら「KEIKO節が戻らない。なかなかそこまでいかない。(アイドル募集から)もうすぐ5年。改めて、くもアイドルなるには大変だと思う。アイドルオーディションをしてあげたいけどスピードが早まらない」とアイドル募集の苦悩を吐露した。

 globeの20周年を迎えた昨年、若手の女性アイドルと男性アイドルを募る「baby globe アイドルオーディション」を開催。新たなアイドル募集のアイデアもあったが「KEIKOが嫌がった。アイドルになるのは私だと本能的に思っているようだ」とアイドルになりたい思いを代弁した。

サブコンテンツ

このページの先頭へ